Java環境のインストール - Androidカスタム モバイル デジモノな日々

お得WiMAX

Java環境のインストール

正直よくわかりません・・・

ただSDKを使ってスクリーンショットを取るために
ddmsとやらを使うということで、色々と調べてるうちに
ここまでいきました。

アプリなんかは、スクリーンショットと一緒に
ブログにアップした方がわかりやすいと思って・・・


いくつかのソフトをインストールしました
今回はPCにインストールです。


これでSDKの機能がフルに使えるということなんかな?まずはこちら、Java SE Development Kit (JDK)というやつを
下記からダウンロード

Java SE Development Kit

現在は「JDK 6 Update 16」というのが最新のようです。

ダウンロードをクリックすると
プラットホーム(OS)を選び I agreeにチェックし
コンティニュー

で、Available Files の下のチェックボックスにチェックして
ダウンロード→インストール


次に、Eclipseのインストールです。
これは、色々と調べていたときに散々出てきました。
結構、必須なソフトなんでしょうか?
下記からダウンロード



Eclipse

Eclipseは、バージョン3.3(Europa)、バージョン3.4(Ganymede)をインストールするということですので
私は、バージョン3.4(Ganymede)をダウンロード。


適当に「C:\eclipse」などとフォルダを作って
そこにインストール
一応、日本語でした。

インストール先の eclipse.exeをダブルクリックすると
eclipseが起動します。


あともう少し・・・


ADTプラグインをインストール
Eclipse上でアンドロイドのアプリケーションを開発するためのプラグインとのことです。

ということは、勉強すればアプリが作れるようになるのか・・・

Eclipseを起動します
画面上からインストールできるそうですが
私は出来ませんでした。(よくあるようです)

で、手動でインストールしました。

下記からADTをダウンロード

Download the ADT Plugin Zip File

Eclipseのヘルプ→ソフトウェア更新→使用可能なソフトウェア

サイトの追加をクリック
ロケーションに
jar:file:C:\ADT-0.9.0.zip!/
と入力 file:の後ろは ダウンロードしたADTの
zipファイルがある場所です。

で、アーカイブをクリック
そしたら、ウインドウの名前の一番下に
+jar:file:C:\ADT-0.9.0.zip!/
があるはず・・・

+をクリックすると Developer tools ってのが出来てます。

jar:file:C:\ADT-0.9.0.zip!/ と
Developer tools にチェックを入れて
インストールをクリック。

たぶん最後、
Eclipseのウインドウ→設定をクリック

左ウインドウの Andloid をクリック
SDKロケーションのところに参照から
SDKがある場所を指定。

適用で、下にSDKのバージョンやらが出てきます。


とりあえずここまでやったら
HT-03Aをつないで、SDKの中のddmsをダブルクリックで
ddmsが立ち上がり、

Ctrl+sでその時の、HT-03Aのスクリーンショット
撮れるようになりました。

記念の一枚(笑)
ROMを入れ替えてからまだ、ほとんどHOMEをいじってませんが

ht03a-1.png

タグキーワード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright © Androidカスタム モバイル デジモノな日々 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。