スワップファイルの使用 - Androidカスタム モバイル デジモノな日々

お得WiMAX

スワップファイルの使用

マーケットから「Swapper for Root user」をダウンロード。

Root化しておかないと使えません。


Swapperを実行して「Swap ON」をタップ
成功すれば
「Turning swap off(file)以外がOKと表示される。

コマンドプロンプトを開く

adb shell

su

mount -o remount,rw /dev/block/mtdblock3 /system
で書き込み可能にする

cd /system/xbin
で system/xbin に移動

ln -s ./busybox mkswap
ln -s ./busybox swapon
ln -s ./busybox swapoff
ln -s ./busybox free

上記4つを順番に実行

#suが /system/xbin/ 配下に有る場合は下記も実行
cd /system/bin
ln -s ../xbin/su su


mount -o remount,ro /dev/block/mtdblock3 /system
でリードオンリーに戻す


Swapperを実行、「setting」をタップして設定

Run swapper at startup:スタートアップ時にSwapperを起動
Swap place:Swapファイルの保存先
Swap size:Swapファイルのサイズを指定
Swappiness:Swap発生率
(Swapを頻繁に起こすと処理速度は低下するそうです)
Advanced preferences:パーティションを区切ってスワップ領域を作る

ということです。
サイズは32MBくらいがいいと書いているところが多いですが
64MBや128MBと書いているところもあります。

色々と試してみるのがいいかもです。


[Get information]で状態が確認できます。

スワップ発生率も、色々と書いてあります。

この辺は、色々と試すしかないですね。
環境によって違ってくるようですね。


この記事へのコメント
はじめまして。

adb shellは、Android SDK をインストールしてDOSプロンプトから実行するのでしょうか?
Posted by tattsun at 2010.02.22 03:41
コメント有難うございます。

電源を入れるときに、ホームボタンを押したままで起動します。


そうすると、リカバリーモードで起動しますので、「go to console」を選択、その後は、質問の通りDOS窓で実行していきます。

最初の方の記事に、そのへんも書いていたと思うのですが・・・
まあ、そういうのを忘れるので、そのためにこのブログを書いているんですが・・・

「Quick Boot」というアプリを入れると、簡単に、電源を切るのか、リブートするのか、リカバリモードで起動するのか選べるので便利です。

というか、便利なアプリは紹介しろよって話ですが・・・orz
Posted by よしごろう at 2010.02.28 22:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright © Androidカスタム モバイル デジモノな日々 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。